プロフィール

司法書士鶴岡勝美

Author:司法書士鶴岡勝美
東京都多摩市聖蹟桜ヶ丘の司法書士です。
多摩市、日野市、稲城市、府中市、八王子市をメーンフィールドとしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

司法書士鶴岡事務所の日々
日誌とサブノート、また、その時を思いつくままに多摩市聖蹟桜ヶ丘の司法書士鶴岡が記すブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相続ー法定相続分
 □ 法定相続分
同順位の相続人が数人いるときの、相続財産に対する各相続人の
配分割合は下記のようになります。

 順位   配偶者相続人の相続分 血族相続人の相続分
第1順位   配偶者 1/2    子(直系卑属)1/2
第2順位   配偶者 2/3    親(直系尊属)1/3
第3順位   配偶者 3/4    兄弟姉妹   1/4
 
同順位の血族相続人が数人いる場合は、各人の相続分は均等とな
ります。ただし、嫡出でない子の法定相続分は、嫡出の子の2分
の1であり、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の法定相続分
父母双方を同じくする兄弟姉妹の2分の1です。

(聖蹟桜ヶ丘の司法書士 相続登記
         多摩市 日野市 稲城市 府中市 八王子市)

スポンサーサイト
相続ー法定相続人
昨日の雨(夜中には雷、もうすぐお正月なのに変な天気)も止み
晴れて、暖かい日となった。

実質、今日で仕事は終わりの予定なので、取引履歴が遅くなって
いる所には電話を入れて。その後、過払金返還の交渉の電話を2社に
を入れてみたら、1社が合意(やってみるもんだ)、他の1社は訴訟
かな。
引き直し計算の長いのをしていたら、過払金が大きくなっていき
完全に代理権オーバー、と思ったら、元本だと何とかセーフだった。
ラッキーでした。

□ 法定相続人
法定相続人は、配偶者相続人と血族相続人に分かれます。
配偶者相続人とは相続開始のときの配偶者ですから、離婚した
配偶者は相続人ではありません。
配偶者相続人は、常に相続人であり、血族相続人がいるときは、
その者と共同相続人となります。

血族相続人には順位があり、先順位者がいなければ、後順位者が
相続人となります。
第1順位の子とは実子と養子ですが、配偶者が離婚しても子は相
続人ですし、養子として他家に入った子も相続人です。

 第1順位   子(直系卑属)
 第2順位   親(直系尊属)
 第3順位   兄弟姉妹

(聖蹟桜ヶ丘の司法書士 相続登記
         多摩市 日野市 稲城市 府中市 八王子市)



相続とは
相続とは
人が死亡すると、その人の財産などの権利義務は、死者
(被相続人)の一定の親族(相続人)に承継されることをいいます。
相続は、被相続人の死亡により開始しますが、失踪宣告を受けた
者は、死亡したとみなされますから、失踪宣告によっても相続は
開始します。

(聖蹟桜ヶ丘の司法書士 相続登記
         多摩市 日野市 稲城市 府中市 八王子市)



相続ー死亡
昨日(24日)は、分けあって足立区の梅島にある葬儀社へいった。
多摩市からはかなり遠いし、電車の乗り換えも3回そして歩き。

その後、錦糸町で、高校生からの友人たちと忘年会をした。
高幡不動に帰ってきたのは、午前さま、日曜日なので深夜バスが
終わっていることにやっときずいた。そこで、また歩き。

今日は、前日の酒のせいでだるくて、ゆっくり出てきた。
過払金の交渉や取引履歴の開示の催促の電話をした後に、
聖蹟桜ヶ丘郵便局へ配達記録郵便と年賀状をだしにいった。

(メモ)相続ー死亡
出生に対して、死亡し場合には、たくさんの手続きが必要です。
例えば、死亡届や火埋葬許可申請、年金、生命保険、銀行等の手続き、
税金や登記の手続きなどです。

(聖蹟桜ヶ丘の司法書士 相続登記
         多摩市 日野市 稲城市 府中市 八王子市)



3割いー
21日は年賀状を送るリストを作っていたら、
○○金融から電話があり過払金額について先日の和解額で
OKとのこと、さっそく、和解書を作成した。

そこで、過払金返還請求に回答を出さない○○金融に電話を
した。担当者は「3割でどうか」と言う。(3割引いて7割かと
思いながら)「それで何円になりますか」と聞くと、桁違いに
少ない金額。「それって、3割しか払わないことですか」今時
そんな会社が有ったんだ。噂は聞いていたので怒るのを通り越
して笑ってしまった。
担当者は訴訟した方が早いですよ、と言う感じ。訴訟にします。


今日は、年賀状の作成完了と思ったら、少し足りない。前日作成
した和解書の封筒を持って、郵便局へ買いに行った。

来客、不動産登記の登記済証を渡す。
過払金返還の振込口座確認の電話が有ったりして、
債務整理の引き直し計算をして上がり。


年賀状を買う
冬は乾燥していて、事務所内はカラカラの状態、
静電気で、パチパチと怖いです。

債務整理の引き直し計算をして、
終わった仕事の整理をしてファイルに綴じたりした。

年賀はがきを買い、ソフトを開いて、「あれ、使い方分からない?」
しばらく使わないとすぐに忘れる。「健忘症?」かもしれない。
で、今日は作るの止めて帰ります。
百円ショップ
昨日の夜は寝汗をかいた。朝は頭が重い。少し風邪。

多摩センターへ行き、多摩法務局で不動産登記の回収をして、
百円ショップでたくさん買い物をした。(事務所の文房具はたい
てい105円)
多摩センターの街路樹にイルミネーションの電線とダイオウド
がたくせん付いている。夜来ればきれいなのだが昼間しか来ない。

事務所に帰ると、黒猫ヤマトの不在連絡票。連絡して本3冊届く。
郵便局で研修費などの振込をした。

引き直し計算などをしておしまい。


ポッカポカ
数日暖かい日が続いたが、今日は少し空気が冷たい。
でも晴れの事務所内はポッカポカで昼寝にもってこいの環境。

○○金融に過払金返還請求をfaxしようとしたが、何回やっても
エラー、しょうがないから郵便で送ることにする。

何本か電話がきたりした後、時間が開いたので書類をつくっていて、
早く帰ろうかなとおもったら、来客、ちょうど良かったのかも。


散歩ー子牛
15日(金)
後見事務で、年明けに家裁に提出予定の財産目録を作成し、
預金通帳のコピーを取った。
その後、郵便局へ行き、配達記録付で書留、その他を出した。

書留郵便、その他が届き、過払金返還の和解書があったので、
記名押印して返信をだす。

また、書留が来て、今度は封筒が分厚い、中身は携帯電話。
先日亡くなった友人に訳あって貸していたのが返されて来た。
これを持っているのは悲しいので、すぐに、聖蹟桜ヶ丘駅前の
auショップへ行き、解約の手続きをした。
携帯電話はリサイクルの処分してもらった。
まず、デーダ-を全部消して、電池を取った後、ドリルだろうか
その場で穴を開けた(オドロキ)。

今日(16日)は仕事は無いのだが、遅くに、散歩しながら事務所
に来た。
百草園の先を右に折れて、聖蹟桜ヶ丘駅の方に下っていくと牛舎
があり牛が十数頭いる。
牛舎の入り口は道に面していて、入り口には、たいてい、子牛がいる。
今日も子牛がいて目が合ったので顔を近づける(可愛いのだ)。

成年後見の報酬付与審判申立書を定型書式でないので作ってみたり
メールを打ったりしている。

夕方から、秋葉原で合格が同期の司法書士の忘年会でもう出発、
でも、明日は、四ツ谷の司法書士会館でヤミ金・クレサラの電話
110番があり、相談員をすので飲み過ぎないようにする予定。



誤字
朝からこまごまとした処理。
前日合意した過払金返還の裁判外の和解書を作る。

先日出した、債務整理受任通知の名前が三水のところ一つ
点が抜けている(ニ水だよ)、問い合わせの電話が来る。
(自分で仕事増やしてどーするの、ごめんなさい)

午後から外出、後見事務の税金の支払や振込をしに銀行に行く。
通帳の記帳をし過払金の振込を確認し、その後、買い物をした。
訴訟期日の変更
昨日、13日(水)
多摩センターへ直行、多摩法務局で不動産登記の申請をし、
先日回収した権利証に割印が1つ無かったので押してもらった。
事務所に帰ってから、連絡すると、すぐに取りにきてくれたので
権利証を渡す。

○○金融から電話で訴訟期日の近づいた過払金返還請求の和解を
申し込まれ、合意。
さっそく、町田簡裁に電話して、振込日の後に期日を変更してもらい、
期日請書をfaxで送った。

夕方から、四ツ谷日司連ホールの研修会に行く。
テーマは「会社・法人制度の見直しと法人格否認の法理」

公益法人関連法が施行されれば、
「一般社団法人・一般財団法人の設立は登記のみででき、
公益認定の基準を満たしたものが公益社団法人・公益財団法人
となることがでくる。」ということらしい。

法人格否認の法理は受験のとき少し読んだことあったが、やはり
むずかしい、頭がボーとなったまま終了。

切手
今日は曇り、
過払金返還請求書を送り。昨日、受任した債務整理の
受任通知書を作って、切手が切れたので、ついでに買い物に
行こうと外を見ると、雨、かなり降っている。
傘を差して、郵便局へ行き、切手をその場で貼り出す。

不動産登記申請書を作って、明日出す予定。

この所、後見事務の、郵便物がたくさん来て(市役所とか
社会保険庁とか)よく分からない書類もあって整理が大変
(私がよく分からないだけなのだが)。


証明書の写真を撮る
土曜日は雨、寒い日であった。
引き直し計算をして過払金が出たので過払金の返還請求書を作り、
その後、後見事務で親族にお会いするかめ、外出した。

本日は晴れ、風はあったが、日が照れば事務所の中は暖かい。
午前の、来客予定は、夜に変更となったので、聖蹟桜ヶ丘駅前に
証明写真を、やっと撮りに行く、笑ったつもりの顔が怖い。

○○金融に電話して再度の過払金返還交渉、その後、電話が来て合意。
午後、来客、債務整理3件、1件は現在までの報告、他の2件は、
受任した。

夕方電話があり、古い友人の悲報(長い入院だったので)。
証明書の写真
雨が降りそうで降らない。
外出したのに傘を差さないでよい。なんだか、得した気がした。

朝、多摩センターに直行、多摩法務局で不動産登記の回収をした。
○○金融から電話で過払金の交渉、不調。
来客、不動産登記を受任。

成年後見センター・リーガルサポートの登載証明書の有効期間が
せまってきたので、証明写真を多摩センターでとろうと思ったが、
ひげが、けっこう伸びていた(マスマス人相悪い)ので中止。
それで、来客の前にひげはそったのだが、人相はそう変わらない。

忘年会
昨日の午後は立川法務局へ行き土地台帳を取り、
三多摩総合相談センターで無料相談をした。

その後、忘年会に出席、さほど飲まなかったのだが、
年相応に酒が弱くなっている。
という訳で、今日は(ボー)という感じで遊んでいるような!!

早めに上がる予定。



相続ー出生
相続ー出生

人(子)は裸で生れてきます。名前もありません。子自身は何も
持たない、真っサラな状態だといえるでしょう。
人が生れても、手続きとしては、名前を付けて戸籍の届出を
期間内にすだけです。

ただし、法律上の例外が有ります。
民法では相続、遺贈、不法行為による損害賠償請求権については、
胎児を「既に生れたものとみなす」としています。
したがって、子が出生したときに財産や権利を持っているという
場合があるのです。

不動産登記では、相続人として胎児名義で相続登記を
することが出来ます。でも胎児には名前が有りません。
例えば、夫甲が亡くなり、妻が乙としますと、胎児名義は、
 「亡甲妻乙胎児」となります。

 (聖蹟桜ヶ丘の司法書士 相続登記
         多摩市 日野市 稲城市 府中市 八王子市)
 
   


駅ー高幡不動
今日は何やかんやと(何もしていない)。

後見事務で登記事項の住所変更登記が完了したので、家庭裁判所に
変更の報告を郵送して、社会保険庁などの保険証も変更しようと連絡
をとった。
過払金の和解交渉が1件合意して、
小額の一括弁済に合意して、そんなところ。

明日の無料相談の相談予約表がFAXされて来た。
難しそうなのもあり、答えられるか不安。

仕事で外出して部屋に直帰するときは高幡不動駅からバスで帰る。
深夜バスが1時ごろまであり(倍料金)便利である。




有効期間
昨日のお仕事
過払金返還請求通知を2件郵送して、
後見事務で再度金融機関へ行く。
預金口座開設に後見人確認のため提示した登記事項証明書の
発効日が3ヶ月を超えているので「だめ」といわれたため、
新しい登記事項証明書を取寄せ、再度お伺いしたと言う訳である。

同じ要件で金融機関をもう1件。

訴訟の件でお話を伺うため出かける。
その後、寄り道(ビールが旨い)。
インフルエンザ
今日も晴れ、
朝から、聖蹟桜ヶ丘駅近くの病院へ行って、
インフルエンザワクチンの予防接種を打ってもらった。
注射を打つのは、歯医者の麻酔以外では、何年前だったか忘れた?
注射ということで身構えていると、以外に小さい注射器であった。
打たれても、ほんの少しチクっしてだけ(ナンダコレ)、痛くない。
話に聞いていた細い針なのだろう。時代の進歩を身おもって
感じることができた。

11月の事務所の帳簿や後見の帳簿をつけて、
過払金の請求書をいくつか作った。

新型インフルエンザの大流行が噂されています。
新型インフルエンザは20年ぐらいの間隔であらわれると言われ
ています。
1918年のスペイン風邪、1957年のアジア風邪、1968年の香港風邪、
特に、スペイン風邪は三千万から四千万人も死んだと言われていて、
第1次世界大戦も、もうやってられない、ということで、終戦を
早めたといわれています。インフルエンザ恐るべし。
駅ー多摩センター
久々の朝から晴れ。風も無く良い日。

多摩法務局へ不動産の登記申請書を出しに直行する。
なので、遅めに、部屋を出る。
住まいの百草団地から、多摩センター行きのバスに乗る。

事務所に帰ると、FAXで取引履歴が開示されていた。
昨日、○○金融に何回目かの電話で催促をしたが、送るといって
来なかった。(又ですかー)と思って帰ったが、私が上がった
後に来たのであろう。

後見事務の電話があり、親族とのお話であったので長くなった。

債務整理の引き直し計算を何件かした。

毎年冬は、インフルエンザでひどい目にあうので、病院に電話して
ワクチンの予防接種について聞いた。
インフルエンザはこじらすと死ぬ、恐ろしい病気だと、
私は思っている。
予約なしで良いというので、行こうかなと思案ちゅう。
ちなみに、保険はきかず、料金3000円とのことでした。

多摩センター駅
多摩市の中心的な駅で京王線、小田急線、が通っていて、
モノレールは始発です。
多摩法務局は、駅から少し歩きます。サンリオビューロランド
の横を通るのですが、現実の仕事とのミスマッチを感じます。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。