プロフィール

司法書士鶴岡勝美

Author:司法書士鶴岡勝美
東京都多摩市聖蹟桜ヶ丘の司法書士です。
多摩市、日野市、稲城市、府中市、八王子市をメーンフィールドとしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

司法書士鶴岡事務所の日々
日誌とサブノート、また、その時を思いつくままに多摩市聖蹟桜ヶ丘の司法書士鶴岡が記すブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八王子簡裁期日
28(木)
朝、高幡不動から京王線で八王子へ行った。10時から八王子簡裁
で過払金返還訴訟の期日があり、原告代理人として出頭した。二日
前にfaxで簡単な答弁書が来ており擬制陳述すると(被告欠席)書い
てあったが、裁判官が「返還金は本人口座に振込みたい」等の主張
がでているがと言われ、その様な文書は受け取っていないと答えた
(ワザト送らなかったとしか思えない)。
裁判官は被告と話し合ってくださいと言い、次回期日を決めた。
届かなかった上申書は夕方書記官がfaxしてくれた。
帰りに、聖蹟桜ヶ丘駅前の愛眼で、先日買ったメガネを受け取った。
遠近両用でよく見えるのだがパソコンには使いづらい。
次に、三菱東京UFJ銀行へ行きインターネットバンキングの申し込み
をした。ついでに、カード(三和銀行)通帳(UFJ銀行)を新しいの
に作り変えた。後は、クリーニング屋に行ったりした。
☆過払金返還の交渉1件合意

29(金)
委任者数人に連絡をとり、仕事の経過状況当を報告し、完了してい
る仕事の書類を処理(要らないのは捨て、残りはファイルする)し
ていたら電話と同時に郵便局の配達(一緒に来ないで)、電話は町
田簡裁からで訴訟番号と期日を知らせて来たので、期日請書をfaxで
送った。その後、裁判所に出す定型書類を作成した。

30(土)
朝、来客、弁護士会で相談された後、四ツ谷で紹介をされて来られ
たとのこと。相続登記をしてほしいと依頼され、戸籍の取寄せから
始めることになったので、職務上請求などを作成した。
過払金返還の合意書を2通作成し郵送し、クリーニングを回収した。

(入院)
中河原の府中恵仁会病院に即日入院となったが、まず個室に入れられた。直ぐに検査でレントゲンとCTを取った。夕方には、イレウス管を
鼻から食道、胃を通って小腸の奥えと入れた。鼻から食道を通すのは
大変痛い(ゼリーの麻酔を使っていたようだ)小腸の中を通すのは苦
しかった。
お医者様は、じばらく絶食・絶水で様子を見るとのことで、1日5
から6個の点滴で生活することになった。1日めは脱水症状だった
のでノドが渇いてしょうがなかったが、点滴の水が体の中を満たし
てくるにつれ渇きは無くなっていった。
腕から点滴を、鼻からイレウス管をぶら下げるヒドイ状態である。
その上、鼻から食道を通るイレウス管のせいでハレテて痛くて声が
でなくなっていった。




スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tsuruoka12.blog83.fc2.com/tb.php/101-3c4e67ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。