プロフィール

司法書士鶴岡勝美

Author:司法書士鶴岡勝美
東京都多摩市聖蹟桜ヶ丘の司法書士です。
多摩市、日野市、稲城市、府中市、八王子市をメーンフィールドとしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

司法書士鶴岡事務所の日々
日誌とサブノート、また、その時を思いつくままに多摩市聖蹟桜ヶ丘の司法書士鶴岡が記すブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2回線目の電話も光に
1/19(月)
晴れて真冬なのに暖かい。

午前の来客は、債務整理の依頼を受けている件で、債務額が確定したので
今後の返済時期や返済額の打ち合わせをした。

午後、オンライン申請で相続登記をした。
その後、聖蹟桜ヶ丘郵便局へ行き、相続登記の添付書類を府中支局に郵送した。

後見事務を処理して、明日の準備をした。

1/20(火)
後見事務で毎月1回多摩センターに出る。
今日はその日で、9時20分のバスに乗った。

本人に面会して、みずほ銀行で定期預金の手続きをして、
昼はこの所毎回、多摩センター駅でスパゲッティとなる。

その後、小田急で町田へ行き、法務局で不動産の登記事項証明書や公図と取った。

帰りに、黒川に行き、本人と面会した。

1/21(水)
昨日、後見事務で本人を訪問等したもで事務処理をした。

後見人に就任して銀行等に手続きをしたのだが、郵便の宛先が当方に変更されない
ことがしばしばある。今回も、三井住友銀行に電話したら、普通預金については変更
されたが定期預金等は変更していなかってとの説明だった。

昼の来客は、債務整理で今月より分割弁済を始める件で、和解書を渡した。
しかし、1社は、支払開始が遅いので、介入通知からの利息を払わなければ訴える
といっているので和解できない。(解決はまだ先のようだ)

被後見人が昔契約した信販会社の新しいカードが送られて来た。
取引内容を開示してもらったら残額は0円だった。
そこで、カードに鋏を入れて送り返し脱会の手続きをした。

1/22(木)
小雨が一日中続く寒い日。

多摩信用金庫桜ケ丘支店へ行った。
自分の国民保険や年金をまとめて支払った。
めんどうなので、手続きをしようと思いながら、ナカナカしないでいた、
市への税金や保険料を自動で支払う手続きをした。

債務整理の和解書を作成したり、和解案の申入書を作成した。

オンラインで申請した相続登記が完了したので、
登記事項証明書をオンラインで請求した。

1/23(金)
相続登記の登記識別情報が府中法務局より送られて来た。(早い)

電話2回線の内1回線は光になっている。
もう1回線を光にしようとしたが旨くいかない。auに電話してサポートしてもらい
やっと手続きをすることが出来た。

光で2回線使うには、スイッチングハブを用意しなければならないということで、
さくらや聖蹟桜ヶ丘支店へ行き購入した。

今日は三多摩支会の研修委員会の日で、資料を整理しておこうとしたが、沢山ある
コピーはバラバラで重複しているのも多くて大変だった。
夕方、立川の三多摩支会事務局の研修委員会に出席して、高幡不動には9時ころ
となった。

1/24(土)
昼少し前に出勤した。昨日は暖かだったのに、今日は寒い。

昨日購入したスイッチングハブを取り付けようとしてゴチャゴチャしたケーブルを整理して
いたら、宅配でKDDIより、増設するホームゲートウェイが届いたので、取り付けてみた。
まだ、NTTの工事が済んでいないようで、開通はしていない。

債務整理の引き直し計算をした。約200万円の借入だが取引期間が長かったので
20万円を超える過払となった。



任意整理(債務整理借金問題解決)     任意整理(債務整理借金でお悩みの方)


不動産相続登記,会社設立登記,債務整理(多重借金問題解決)多摩市聖蹟桜ヶ丘の司法書士 
橋本 多摩境 南大沢 堀之内 唐木田 多摩センター 永山 若葉台 稲城 よみうりランド
稲田堤 矢野口 南多摩 長沼 府中本町 多摩川 駅 
多摩市 日野市 稲城市 府中市 八王子市 町田市 国立市 調布市 立川市






スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tsuruoka12.blog83.fc2.com/tb.php/192-70824246
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。