プロフィール

司法書士鶴岡勝美

Author:司法書士鶴岡勝美
東京都多摩市聖蹟桜ヶ丘の司法書士です。
多摩市、日野市、稲城市、府中市、八王子市をメーンフィールドとしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

司法書士鶴岡事務所の日々
日誌とサブノート、また、その時を思いつくままに多摩市聖蹟桜ヶ丘の司法書士鶴岡が記すブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多摩市・日野市・稲城市が市になるまで
日ざしは春だが空気は冷たい。
ヒマなのだが債務整理の方針を聞く電話があったり、電話をしたり。
業者の開示した取引と債務者の預金通帳から自動引落しされた金額
が合わないとお客様が言うので、電話をして質問したが書面で送っ
てくれ、といくことになり、質問書を作成する。その後、過払返還
請求書を作ったりして、ヒマなので読書となる。本て眠くなるんだ
よねーー

戸籍の取寄せ
古い戸籍は、手書きで読み難いですし、読めない部分や解読不能の部分もあります。また、記載されている前の戸籍の所在場所は記載当時のものですから、現在はどの市区町村に属しているのかを調べなければなりません。

例えば、三多摩は廃藩置県の後は神奈川県でしたが明治26年に東京府に移管され昭和18年に東京都になっています。
多摩市は明治21年に関戸村・連光寺村・貝取村・乞田村・落合村・和田村・東寺方村・一ノ宮村と百草村・落合村の飛地が合併して多摩村となり、昭和39年に多摩町、昭和46年に多摩市となりました。
日野市は明治26年に日野宿から日野町となり、その後、桑田村・七生村を合併し、昭和38年に日野市となりました。
稲城市は明治22年に矢野口村・東長沼村・大丸村・百村村・平尾村・坂浜村が合併して稲城村となり、昭和32年に稲木町、昭和46年に稲城市となりました。

戸籍の取寄せは、市区町村の役所戸籍係に親族であることを示して請求します。定額小為替と返信封筒を付けて郵送で請求することも出来ます。
ただし、遠縁の親族の場合は個人情報保護法の関係で取寄せできない場合があります。

司法書士は市区町村に 戸籍の取寄せのを職務上請求することができます。したがって、司法書士に戸籍の取り寄せをに委任することも出来るのです。

(多摩市聖蹟桜ヶ丘の司法書士 戸籍取寄、相続登記の司法書士 日野市 稲城市)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tsuruoka12.blog83.fc2.com/tb.php/64-b24ea1be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。